1.沿革

沿革

昭和22年
【神戸市内の全小学校で、脱脂粉乳や連合国の放出物資で給食開始】
昭和25年
【神戸市内の全小学校で、パンによる完全給食(主食・副食・ミルク)を実施】
昭和27年
学校給食食材の共同購入組織として「神戸市学校給食協会」設立
昭和29年
【学校給食法公布】
昭和55年
神戸市学校給食協会を「神戸市健康教育公社」に改組し、同公社の学校給食部で学校給食食材の購入等を担当
昭和60年
神戸市健康教育公社が「神戸市スポーツ教育公社」に改組。財団法人化する。
平成10年
神戸市スポーツ教育公社が「(財)神戸市体育協会」に統合
平成24年
(財)神戸市体育協会が「公益財団法人 神戸市スポーツ教育協会」に移行。また、「学校給食課」を「給食・食育推進課」に改名し、学校給食事業と併せて、食育も担う組織として発足
平成26年
11月から中学校給食開始(82校中33校)に伴い、中学校給食用食材の調達等を行う。