6.食育・地産地消の推進

食育・地産地消の推進

◆食育の推進

  • 子どもたちが食育・地産地消の大切さを学ぶことができるよう、給食用の玉ねぎ等を生産する「こうべ給食畑推進事業」と連携し、生産農家等の協力のもと、児童に農業体験の機会の提供を行った。 また、給食の食材を供給する納入事業者に学校への食育事業を公募し、集約したプログラムを学校に提供することにより、公民連携して学校の食教育を支援した。その他協会管理施設での野菜販売、日本の伝統食であるおにぎり作りの体験講座等多様な事業を実施した。
  • ① 農業体験「ル*ル*ル プログラム」* 8校で実施
  •   *地元産給食用野菜等を育てる、収穫する、給食で食べる
    ② 企業による出前講座  2校で実施
    ③ おにぎり作りの体験講座 2回実施
    ④ 協会管理施設での野菜販売 13回(8施設)実施
    ⑤ 神戸市食育フェアに参画

地産地消の推進

  • 学校給食を食育の生きた教材として活用するために、市内産生鮮野菜の使用に努めるなど地産地消に積極的に取り組んでいます。
    品  目
    内  容
    生鮮野菜

    1. 小学校・特別支援学校給食使用実績(28年度)
       16.7%(202t/1,208t全体)
       市内産野菜の使用状況(14品目/23品目中)
       チンゲン菜、キャベツ、青ネギ、白菜、なす、ほうれん草、水菜、
       小松菜、ジャガイモ、玉ネギ、人参、白ネギ、ブロッコリー、きゅうり
    2. 中学校給食使用実績(28年度)
       20.1%(10.9t/54.1t全体)
       市内産野菜の使用状況(8品目/11品目中)
       ナス、人参、チンゲン菜、キャベツ、ジャガイモ、玉ネギ、青ネギ、
       きゅうり

    小学校給食・中学校給食とも市内産100%
    海 苔 「須磨のり」を使用
    その他加工品 市内産ワイン用ブドウを使用した「神戸ぶどうゼリー」
    市内産キャベツを使用した「ミンチカツ(市産キャベツ入り)」
    市内産ジャガイモを使用した「コロッケ(神戸産ポテト入り)」
    市内産玉ねぎ(規格外)を使用した「神戸玉ねぎミンチカツ」
     
    *地産地消率が高い生鮮野菜(上位5番まで) (小学校・中学校給食)
    順位
    青果名
    市内産使用量
    市内産使用率
    1
    水菜
    4,864kg
    100.0%
    2
    小松菜
    22,559kg
    97.5%
    3
    ほうれん草
    7,818kg
    85.2%
    4
    ブロッコリー
    4,552㎏
    77.5%
    5
    チンゲン菜
    14,022kg
    64.1%